治療後

頭皮マッサージ治療が終了すると、そこから約3カ月ほどで発毛が始まります。今までと同じ髪質、量で元に戻る人もいますが、ホルモン治療で女性ホルモンが抑制されている場合は今までよりも髪が薄くなる事もあります。髪質の変化が見られる人もいます。思うように髪が戻らない場合は、引き続き医療用ウィッグを装着します。

発毛が始まると医療用ウィッグがきつくなる時があります。アフターサービスを行っている販売店で購入したなら、ここでサイズを緩めてもらうよう調整を依頼します。また、アジャスター付きの医療用ウィッグを購入している場合は自分で簡単にサイズ調整ができるので便利です。(参考/医療用ウィッグ購入_ライツフォル

医療用ウィッグの再調整と合わせて、頭皮マッサージでできるだけ早く健康な髪を取り戻す努力も必要です。頭皮マッサージを行う事で頭皮の血行が良くなり、くせ毛や白髪など髪質の変化が徐々に改善される場合があります。

髪が生え揃っても、すぐにヘアカラーや白髪染めをする事はおすすめできません。これらが可能になる目安としては治療終了後1年ほどですが、必ず担当医に相談し、許可をもらいましょう。また治療後は肌質が変わっている可能性もあります。今までは問題なかった化粧品にアレルギー反応を出す事もあります。ヘアカラー、白髪染めをする場合は必ずパッチテストをし、問題ない事を確認しましょう。

治療中

シャンプー治療中の脱毛にも個人差がありますが、一般的には初回の治療(薬の投与)から10日~20日後辺りから脱毛が始まり、約1カ月~1カ月半で殆どの毛が抜け落ちます。僅かに残った髪も、約3カ月経つと完全に抜け落ちます。この時期は医療用ウィッグが一番活躍する時期でもあります。

また脱毛により医療用ウィッグが緩くなる事もあります。サイズの合わない医療用ウィッグはつけていて快適でない事はもちろんですが、外出中にズレて医療用ウィッグをつけている事が周囲に知られてしまう可能性もあります。購入店がサイズ調整のアフターサービスを行っている場合は遠慮せずに依頼し、快適に医療用ウィッグをつけられるようにしましょう。

本格的な脱毛が始まると、髪を洗うのが怖くなる事があります。しかしこの時の頭皮はとてもデリケートですから、汚れをそのままにしておくと感染症を引き起こす危険性もあります。頭皮を清潔に保つためにも、今までと同じペースで洗髪をします。ただし脱毛が始まったらリンスやトリートメントは不要です。脱毛が始まると、家のあちこちに髪の毛が落ちる事もあります。家の中でも帽子をかぶっておくと、帽子の中に髪の毛がたまるので掃除の手間が省けます。帽子はコットンが頭皮に優しいのでおすすめです。

治療開始

治療による脱毛の副作用は治療後すぐに現れるわけではありません。個人差はありますが、一般的には治療開始から最初の1週間~2週間は大きな変化がありません。しかし人によってはこの頃から抜け毛の量が増える事もあります。脱毛が始まる前兆として、頭皮がピリピリする、またはチクチクするといった症状が出る場合もあります。

頭をかく治療が進むと脱毛のペースが速くなる事もありますし、体調に変化が出て外出が難しくなる場合もあります。医療用ウイッグを使用する場合は、できれば治療開始前、遅くとも治療開始から本格的な脱毛が始まる前のこの時期に購入をしましょう。治療を開始し脱毛が始まると、かゆみが出てくる事もあります。かくと頭皮を傷つけ炎症を起こす危険性がありますから、水で濡らしたタオルを当てるなどして、かかずに痒みを和らげるよう務めます。どうしても我慢できない場合は担当医師に相談して下さい。

脱毛が始まると気になってしまい、自らバリカンなどで剃ろうとする人もいますが、これも頭皮に傷がつく可能性があるためおすすめできません。治療中は普段よりも頭皮がデリケートになりますから、小さな傷でも感染症を引き起こす可能性があります。抜け始めた時に短い毛が服の中に入り込んでチクチクと不快になる事もあります。

治療と脱毛・発毛

薬の副作用で脱毛する場合でも、投与後すぐに脱毛が始まるわけではありません。一般的には治療開始から最初の1週間~2週間は、人によっては髪が抜けやすくなったり頭皮がピリピリする事がありますが、殆ど変化はありません。ただしこれは一般論のため、人によっては薬を投与してから早い段階で体調に異変が出る場合もあります。副作用による脱毛が分かっていて、医療用ウィッグを利用したいと思っているなら、できれば治療開始前に医療用ウィッグを購入しましょう。

脱毛脱毛が始まるのは最初の薬の投与から10日~20日後で、その後約1カ月~1カ月半で殆どの毛が抜け落ちます。僅かに残った髪も3カ月後には全て抜け落ちている事が殆どです。脱毛が始まると頭皮に痒みが出る事があります。しかしかいてしまうと皮膚が傷つき、感染症を引き起こす場合もあります。頭部を冷やすなどの対応で痒みを和らげるようにします。気になってバリカンで剃ろうとする人もいますが、これも頭皮を傷つけるためおすすめできません。

脱毛が始まると日常生活の中でどんどん髪が抜けていくため、家中の床に髪の毛が散らばる事があります。コットンの帽子をかぶるようにすればその中に毛が抜けるので掃除が楽になります。医療用ウィッグが一番活躍するのはこの時期です。治療が終わってもすぐに髪が生え揃うわけではありませんから、まだ医療用ウィッグを装着して過ごします。発毛が始まるのは薬の投与が終わってから約3カ月後です。治療終了してから約1年でヘアカラーや白髪染めが可能になりますが、必ずパッチテストを行いましょう。