治療開始

治療による脱毛の副作用は治療後すぐに現れるわけではありません。個人差はありますが、一般的には治療開始から最初の1週間~2週間は大きな変化がありません。しかし人によってはこの頃から抜け毛の量が増える事もあります。脱毛が始まる前兆として、頭皮がピリピリする、またはチクチクするといった症状が出る場合もあります。

頭をかく治療が進むと脱毛のペースが速くなる事もありますし、体調に変化が出て外出が難しくなる場合もあります。医療用ウイッグを使用する場合は、できれば治療開始前、遅くとも治療開始から本格的な脱毛が始まる前のこの時期に購入をしましょう。治療を開始し脱毛が始まると、かゆみが出てくる事もあります。かくと頭皮を傷つけ炎症を起こす危険性がありますから、水で濡らしたタオルを当てるなどして、かかずに痒みを和らげるよう務めます。どうしても我慢できない場合は担当医師に相談して下さい。

脱毛が始まると気になってしまい、自らバリカンなどで剃ろうとする人もいますが、これも頭皮に傷がつく可能性があるためおすすめできません。治療中は普段よりも頭皮がデリケートになりますから、小さな傷でも感染症を引き起こす可能性があります。抜け始めた時に短い毛が服の中に入り込んでチクチクと不快になる事もあります。